物理アタッカー

【キリキザン育成論】剣舞&ふいうちで相手をしばる!対策と弱点も解説

【キリキザン育成論】剣舞&ふいうちで相手をしばる!対策と弱点も解説

 

ポケモット
ポケモット

こんにちは!ポケモット(@z_pokemottoo)です

僕はポケモン金銀の頃からずっとやっていて、もうポケモン歴20年以上のポケモントレーナーです(^^)

 

今回はキリキザンの「つるぎのまい」「ふいうち」で相手を倒す育成論の紹介です。

 

125という優秀な攻撃種族値であり、タイプ一致でくりだせる「ふいうち」は非常に強力!

加えて、「まけんき」の特性からギャラドスなどの威嚇持ちに対して強く出ることができるのもオススメな点です。

「つるぎのまい」を積めば多くの相手を乱数〜確定1発にすることができます。

 

また、「ちょうはつ」「つるぎのまい」を採用してるため、オニゴーリ、ドヒドイデなどの隠キャパーティーに対しても強く出ることができます。

受けループなどの隠キャパーティーには毎回苦しめられているので、キリキザンを使って倒していきましょう。

 

キリキザンの基本情報(ポケモン育成論)

タイプ:あく/はがね

種族値

HP(H)65
攻撃(A)125
防御(B)100
特攻(C)60
特防(D)70
素早(S)70

※記事内では攻撃(A)、素早(S)などの略語を使うことがあります。性格補正で攻撃が上がる場合(A↑)など。

特性

■まけんき
相手の技や特性で能力ランクが下がった時、自分の『こうげき』ランクが2段階上がる。自分や味方の技や特性で下がった場合は効果がない。

■せいしんりょく

相手の技で『ひるみ』状態にならない。なお、技『きあいパンチ』には影響しない。第8世代からは、相手の特性『いかく』の効果も受けない。

プレッシャー
技を受けた時、技のPPを2減らす。/レベルの高い野生のポケモンと出会いやすくなる。

 

キリキザンの今回の調整、技構成(ポケモン育成論)

特性:まけんき

性格:いじっぱり(攻撃↑特攻↓)

持ち物:ふうせん

技構成

・アイアンヘッド
・ふいうち
・つるぎのまい
・ちょうはつ

※メタルバースト、なども技候補に。きあいのタスキ、オボンの実、いのちのたま、なども持ち物候補になります。仮想敵に応じてカスタマイズお願いします。

努力値

H(244)/A(252)/S(12)

実数値(ステータス)

HP(H)171
攻撃(A)194
防御(B)120
特功(C)xx
特防(D)90
素早(S)92

 

調整意図(ポケモン育成論)

H244奇数調整。A252ぶっぱ。余り12をSに。

耐久と攻撃範囲を広げるために、HA型にしました。

 

「ふいうち」を採用しているため、先制で攻撃できることが多く、Sにはあまり振っていません。また「ちょうはつ」をうちたい受けループなどは、Sが低いことが多いです。

 

下のダメージ計算を見ていただけると分かりますが素の状態で、乱数〜確定2発をとっている相手が多いです。

つまり、「つるぎのまい」を積めば、乱数〜確定1発になります!

また「つるぎのまい」を積んでいない素の状態でも、H252ミミッキュ確定1発、耐久無振りドラパルト超高乱数1発という素晴らしい火力を持っています。

 

「ふうせん」を持たせているため、ドリュウズなどを起点にできます。そのため、あえてチームに「じめん」の一貫を作り、「ふうせん」キリキザンで起点にするのもオススメ!

特にドリュウズやバンギラス、カバルドンに対して強く出ることができます。

 

ダメージ計算

例(■ピカチュウ(C↑)C252)の(↑)は性格補正を、252は努力値を表している。

アイアンヘッド

■バンギラス:H252
(64.7%~78.2%)確定2発

■トゲキッス:H252
(79.1%~94.7%)確定2発

■ラプラス:H252
(37.1%~44.3%)確定3発

■カバルドン:H252
(29.7%~35.3%)乱数3発

■ミミッキュ:H252
(108.6%~129.6%)確定1発

■カビゴン:H252
(38.5%~46%)確定3発

■サザンドラ:耐久無振り
(48.5%~57.4%)確定2発

ふいうち

■ドラパルト:耐久無振り
(99.3%~117.7%)乱数1発

■ドリュウズ:耐久無振り
(51.8%~61.6%)確定2発

■ギルガルド:H252:シールドフォルム
(58.6%~69.4%)確定2発

■ヒートロトム:耐久無振り
(48.8%~58.4%)乱数2発

■ギャラドス:耐久無振り
(45.8%~54.7%)乱数2発

■ミミッキュ:耐久無振り
(58.4%~70%)確定2発

 

ダメージ計算

■ミミッキュ:(A↑)A252
じゃれつく(39.1%~46.1%)確定3発

■ドラパルト:(A↑)A252
ゴーストダイブ(23.3%~28%)乱数4発

■ギャラドス:A252
たきのぼり(39.1%~46.1%)乱数3発

■ドリュウズ:A252
じしん(102.9%~122.8%)確定1発

■カビゴン:(A↑)A252
じしん(65.4%~78.3%)確定2発

■ギルガルド:(A↑)A252
シャドーボール(30.9%~36.8%)乱数3発

■ウォッシュロトム:C252
ハイドロポンプ(63.7%~75.4%)確定2発

■バンギラス:(A↑)A252
じしん(74.8%~88.8%)確定2発

■インテレオン:C252
ハイドロポンプ(71.9%~84.7%)確定2発

■トゲキッス:C252
マジカルシャイン(50.8%~60.2%)確定2発

 

キリキザンを相手に使用された際の対策(弱点解説)

キリキザンを相手に使用された時に警戒することとしては、「きあいのタスキ」「ふうせん」を警戒しましょう。

今回の様な「ふうせん」型だと「じめん技」を透かされて、積まれてしまい、自身が先制技を持っていなかった場合、キリキザンに全抜きされてしまう可能性があります。

 

相手にキリキザンを使われた時の対処としては以下のことで対策可能です。

  • ある程度、火力のあるポケモンに先制技を覚えさせること。
  • 「きあいのタスキ」を持たせて、キリキザンからの攻撃に耐え、返り討ちにする

 

「ふいうち」の択に勝つことでもキリキザンを突破できますが、択は運要素が強いため、上記のことを意識してパーティーを組んでください。

「ふいうち」とは。対策方法や、優先度、使い勝手を徹底解説【ポケモン初心者講座】
「ふいうち」とは。対策方法や、優先度、使い勝手を徹底解説【ポケモン初心者講座】「ふいうち」は他の先制技よりも優秀な先制技であり、覚えるポケモンには是非とも覚えさせてあげてほしいと思っています。「ふいうち」はとても優秀な技ですが一部デメリットもあり、今回はメリットとデメリットを解説してきます。...

 

キリキザンの考察・まとめ

【キリキザン育成論】剣舞&ふいうちで相手をしばる!対策と弱点も解説

キリキザンの育成論と、相手に使われた際の対策方法もお話ししてきました。

 

高い攻撃種族値、タイプ一致で打てる「ふいうち」から多くの相手に乱数〜確定2発とれていることがお分かりいただけたかと思います。

「つるぎのまい」を積めば乱数〜確定1発に!

 

持ち物が「ふうせん」といことで、やや使いにくさはありますが、その分ドリュウズやバンギラス、カバルドン などの環境で多く見かけるポケモンが釣れた時には、ふうせん型キリキザンの真の力を発揮することができます。

 

真の強者は不意打ちを外さない!いつか某有名実況者が言っていましたが、不意打ちを使いこなして、キリキザンを大活躍させてあげましょう!

その他のポケモン育成論一覧はこちら

あくタイプ一覧はこちら

はがねタイプ一覧はこちら

キリキザンの育成論はこちら

それではまた!

 

ニメ/映画は「U-NEXT」で
31日間無料で見放題!

  • 210,000本以上の動画やアニメが見放題(日本最大級!)
  • 毎月貰える無料ポイント使うことで、毎月「新巻マンガも」2〜3冊無料で読める
  • 31日間の無料体験ができる

無料体験の特典はいつ終わるか分からないので、この機会に試してみてくださいね(^^)

 

 

 

≫無料体験期間後も、「ずっと無料」で使い続ける裏技(U-NEXTなど動画配信サービス)

関連記事はこちら
【ナットレイ育成論】「やどりぎのたね×まもる」のインキャ戦法で物理ポケモン対策を!/対策と弱点も解説 くさ タイプ

【ナットレイ育成論】「やどりぎのたね×まもる」のインキャ戦法で物理ポケモン対策を!/対策と弱点も解説

2020年5月8日
ポケモット
今回は「やどりぎ×まもる のインキャ戦法型ナットレイ」について解説していきます。 まず、僕はインキャ戦法は嫌い …
アニメ・映画を31日間無料で見る【U-NEXT】
アニメ・映画を31日間無料で見る【U-NEXT】