MENU
    »149日間無料で動画配信サービス観る

    ステータス調整する理由(努力値調整、実数値調整、ダメージ乱数調整)【ポケモン初心者講座】

    ステータス調整する理由(努力値調整、実数値調整、ダメージ乱数調整)【ポケモン初心者講座】
    • URLをコピーしました!
    ポケモット
    こんにちは!ポケモット(@z_pokemottoo)です 僕はポケモン金銀の頃からずっとやっていて、もうポケモン歴20年以上のポケモントレーナーです(^^)

     

    ポケモンでは各種ステータスがあり、簡単な計算方法によって求めることができます。

    あわせて読みたい
    レベル50のステータス計算方法(実数値計算)【ポケモン初心者講座】 突然ですが、努力値と実数値、ポケモンのレベル50のステータスについてちゃんと理解していますか? 長年ポケモン通信対戦をしている人でも、努力値と実数値の計算の仕...

    今回の記事では、そもそもなぜステータスを調整するのかの理由について。そして何を基準に調整していくのかについて解説していきます。

     

    目次

    ステータス調整をする理由(努力値調整、実数値調整)

    • 相手にしたい仮想敵がいる場合
    • ポケモンの長所を伸ばす
    • ポケモンの短所を補う 

    主に相手にしたいポケモンが明確に存在する場合に、ステータスの調整をします

    どのポケモンを相手にできるかは、性格や努力値の振り方によって変わってきます。

     

    本来なら倒されてしまう場合に、倒されないように性格や、努力値を調整することで耐えることができるようになります。

    ステータス調整する理由(努力値調整、実数値調整、ダメージ乱数調整)【ポケモン初心者講座】

    もしもギャラドスが耐久調整をすることなく、ギャラドスがよくある型の(A↑)AS252だった場合は、(C↑)C252ピカチュウからの「10万ボルト」が(112.91%~134.1%)となり確実に倒されています。

     

     

    しかし、ギャラドスの努力値がHD252振りだった場合、1発は耐えることができます。(77.2%〜91%)

     

    同じポケモンを相手にしていても性格や努力値の振り方によって、相手にできるかどうかが変わるということです。

     

    努力値の振り方、計算方法などは以下の記事をご覧ください。

    https://pokemottoo.com/poke-doryokuti/

     

    どのステータスに特化させたいのかはプレイヤーの好み、チーム編成、戦略によって、努力値を振り分けます。

    • 素早に特化させたいのか
    • 攻撃に特化させたいのか
    • 特防に特化させたいのか

     

    https://pokemottoo.com/beginner-poke-doryokuti/

    体力の特別な調整については以下の記事を。

    https://pokemottoo.com/tairyoku-tyousei/

     

    素早さの調整、素早さの大切さは以下の記事を参考にしてください。

    https://pokemottoo.com/poke-beginner-sss/

     

    実数値調整とは(ポケモン育成論)

    実数値調整とは、ざっくりいうと以下のことです。

    実数値調整=努力値調整+性格調整

     

    実数値を調整するためには、努力値だけでなく、性格も厳選する必要があります。

     

    乱数調整について(ポケモン育成論)

    ポケモンの技には乱数という設定があります。

    ステータス調整する理由(努力値調整、実数値調整、ダメージ乱数調整)【ポケモン初心者講座】

    この例では(C↑)C252のピカチュウの10万ボルトを、HD252ギャラドスに攻撃すると、77.2%~91%のダメージを与えます。

    77.2%分のダメージを与えることもあれば、

    78%〜90%分のダメージを与えることもある

    91%分のダメージを与えることもある

    このように、与えるダメージに差が発生しますが、そのことを乱数を言います。

     

    想定した敵の「どんな乱数でも耐える」ようにすること、「どんな乱数でも倒せる」ようにすることを乱数調整と言います。

    • 確定1発で倒す
    • 確定2発で倒す
    • 確定2発「耐える」

    など想定した敵の技の乱数がどのようになっても「倒す」「耐える」ように調整することを、乱数調整と言います。

     

    とはいえ基本は、ステータス実数値の調整はしなくて、努力値252ぶっぱで良い。(ポケモン育成論)

    色々解説しましたが、基本はステータス実数値の調整はしなくて良いです。

    ポケモンにはそれぞれ、伸びやすい点があります。

    基本的にギャラドスは、攻撃(A)と、素早さ(S)に努力値を振ったり、性格厳選することが多いです。

    そして、その振り方がギャラドスが最も活躍する機会が多いです。先ほどのように、体力(H)と、特防(D)に努力値を割いてしまったら、せっかくのギャラドスの長所が失われてしまいます。

     

    これらの調整は一言でいうと、努力値や性格の調整の仕方によって、「活躍できる場が変わる」ということです。

     

    相手からすると、予想外の調整のポケモンを相手にしたら驚きますし、対応できない場合も少なくありません。

    だからこそ、明確に相手にしたいポケモンがいる場合はステータス実数値の調整をし、特にいない場合は、「AS252」、「CS252」などぶっぱで良いでしょう。

    https://pokemottoo.com/poke-doryokuti/

    https://pokemottoo.com/poke-beginner-sss/

     

    それではまた!

     

    ニメ/映画は「U-NEXT」で 31日間無料で見放題!
    • 210,000本以上の動画やアニメが見放題(日本最大級!)
    • 毎月貰える無料ポイント使うことで、毎月「新巻マンガも」2〜3冊無料で読める
    • 31日間の無料体験ができる
    無料体験の特典はいつ終わるか分からないので、この機会に試してみてくださいね(^^)    
      ≫無料体験期間後も、「ずっと無料」で使い続ける裏技(U-NEXTなど動画配信サービス)
    ステータス調整する理由(努力値調整、実数値調整、ダメージ乱数調整)【ポケモン初心者講座】

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    • URLをコピーしました!
    目次
    閉じる