MENU
    »149日間無料で動画配信サービス観る

    【カバルドン育成論】HBカバルドンの圧倒的な物理受け!フィラの実を持たせて起点作成

    【カバルドン育成論】HBカバルドンの圧倒的な物理受け!フィラの実を持たせて起点作成
    • URLをコピーしました!
    ポケモット
    こんにちは!ポケモット(@z_pokemottoo)です 僕はポケモン金銀の頃からずっとやっていて、もうポケモン歴20年以上のポケモントレーナーです(^^)

     

    どんな時でも仕事をするカバルドン。

    「じめん」単タイプの優秀なタイプに加え、覚える補助技、種族値にも恵まれ、多くのプレイヤーに使われています。

     

    「ステルスロック」、「あくび」の無限ループから、「ふきとばし」で相手に積ませないこと、「がんせきふうじ」で後続にも安心して繋ぐことができます。

    今回は、HB物理受けに特化させて使います。

    弱点が少ないこと、元々の種族値が物理受けに適していることから、自信を持ってオススメできます。

     

    また今回の趣旨とは違いますが、もし盤面を整えたくて、初手に必ず出したいのであれば、HD型にするのが良いでしょう。カバルドンの他の育成論も書いているので、参考にしてみてください。

     

    目次

    カバルドンの基本情報(ポケモン育成論)

    カバルドンの基本情報(ポケモン育成論)

    タイプ:じめん

    種族値

    HP(H) 108
    攻撃(A) 112
    防御(B) 118
    特攻(C) 68
    特防(D) 72
    素早(S) 47

    ※記事内では攻撃(A)、素早(S)などの略語を使うことがあります。性格補正で攻撃が上がる場合(A↑)など。

    特性

    ■すなおこし
    戦闘に出ると5ターンの間、天気が『すなあらし』になる。
    ■ すなのちから
    天気が『すなあらし』の時、自分の『じめん』『いわ』『はがね』タイプの技の威力が1.3倍になる。また、『すなあらし』によるダメージを受けない。

     

    カバルドンの今回の調整、技構成(ポケモン育成論)

    特性:すなおこし

    性格:わんぱく(防御↑特功↓)

    持ち物:フィラの実

    技構成

    ・がんせきふうじ
    ・ステルスロック
    ・あくび
    ・ふきとばし

    ※じしん、じわれ、なまける、なども技候補です。持ち物はゴツゴツメットやオボンの実、メンタルハーブも候補です。仮想敵に応じてカスタマイズお願いします。

    努力値

    H(252)/B(252)S(4)

    実数値(ステータス)

    HP(H) 215
    攻撃(A) 132
    防御(B) 187
    特功(C) xx
    特防(D) 92
    素早(S) 68

     

    調整意図(ポケモン育成論)

    H機数調整。

    HBに努力値を最大限振り、物理受けに特化させました。

    Sは同族対決で先制を取れるように、余りだけ振りました。

     

    ちなみにカバルドンは意外と素早さ種族値が高く、お互いにS無振りなら、ドサイドンやローブシンより早いです。

     

    相手の物理攻撃を受け、隙をみて「あくび」「ステルスロック」で荒らしていこうというシンプルな型です。

    HBに特化させることでA252ギャラドスの「たきのぼり」を分の良い乱数2発。A252バンギラス(A2段階上昇)の「かみくだく」ほぼ確定3発で耐えるほどの高耐久になります。

    この圧倒的な物理耐久、そして後続のために起点作成をできるポケモンはなかなかいません。

     

    また、物理受けならゴツゴツメットを持たせ、「なまける」を覚えさせた方が良いのでは無いかと思うかもしれませんが、今は物理攻撃で接触技が多いとは感じていなく、起点作成をする機会が増える「フィラの実」を採用しました。

     

    ダメージ計算

    与ダメージ

    例(ピカチュウ:C252)の252は努力値を表している。

    がんせきふうじ

    ■ギャラドス:耐久無振り
    (44.7%~52.9%)乱数2発

    ■パルシェン:耐久無振り
    (30.4%~36.8%)乱数3発
    (B2段階ダウン時:60.8%〜72%)

    ■ヒートロトム:耐久無振り
    (48%~57.6%)乱数2発

    ■トゲキッス:H252
    (34.3%~40.6%)確定3発

    ■ドラパルト:H252
    (20%~24.1%)確定5発

     

    被ダメージ

    (↑)は性格補正を表している。

    ■ギャラドス:A252:A一段上昇
    たきのぼり(59.5%~70.6%)確定2発

    ■ギャラドス:A252
    たきのぼり(44.6%~53%)乱数2発

    ■パルシェン:(A↑)A252:A段階上昇
    つららばり(116.2%~139.5%)確定1発

    ■ヒートロトム:(C↑)C252
    オーバーヒート(63.2%~75.3%)確定2発

    ■トゲキッス:C252
    エアスラッシュ(36.7%~43.7%)確定3発

    ■ドラパルト:(C↑)C252
    りゅうせいぐん(61.8%~73%)確定2発

    ■ドラパルト:(A↑)A252
    ゴーストダイブ(24.1%~29.3%)確定5発

    ■バンギラス:A252:A2段階上昇
    かみくだく(42.3%~50.2%)低乱数2発

    ■ドリュウズ:(A↑)A252
    じしん(29.3%~34.8%)確定4発

     

    カバルドンを相手に使用された際の対策(弱点)

    カバルドン

    カバルドンは基本的に初手に出され起点作成型が多いため、事前に対策をすることは可能です。

    「ちょうはつ」を覚えているポケモンを選出し、先制で「ちょうはつ」をくりだしましょう。

    また、「みず」「くさ」タイプのポケモンに「こだわりハチマキ」「こだわりメガネ」などの火力アップアイテムを持たせることで、一撃で倒すことができるでしょう。

    個人的には「いのちのたま」持ちの高火力ポケモンで押すのがオススメです。

     

    カバルドンは事前に対策をある程度してないと、好き放題やられてしまいます。

    タイプ上、相性の良いポケモンを選出しておくか、「ちょうはつ」を覚えたポケモンを選出するようにしましょう。

     

    カバルドンの考察・まとめ

    【カバルドン育成論】HBカバルドンの圧倒的な物理受け!フィラの実を持たせて起点作成

    いかがでしたか。

    カバルドンを使ったことの無い人は、想像以上に硬いカバルドンに驚いたのではないでしょうか。

    HBに特化させることでA252ギャラドスの「たきのぼり」を分の良い乱数2発。A252バンギラス(A2段階上昇)の「かみくだく」ほぼ確定3発で耐えるほどの高耐久になるのは衝撃ですよね。

     

    物理受けだけでなく、「ステルスロック」「あくび」「ふきとばし」で相手を荒らして、嫌がらせしてあげましょう!

    カバルドンの育成論はこちら

    その他のポケモン育成論一覧はこちら

    じめんタイプ一覧はこちら

    ではまた!

     

    ニメ/映画は「U-NEXT」で 31日間無料で見放題!
    • 210,000本以上の動画やアニメが見放題(日本最大級!)
    • 毎月貰える無料ポイント使うことで、毎月「新巻マンガも」2〜3冊無料で読める
    • 31日間の無料体験ができる
    無料体験の特典はいつ終わるか分からないので、この機会に試してみてくださいね(^^)    
      ≫無料体験期間後も、「ずっと無料」で使い続ける裏技(U-NEXTなど動画配信サービス)
    【カバルドン育成論】HBカバルドンの圧倒的な物理受け!フィラの実を持たせて起点作成

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    • URLをコピーしました!
    目次
    閉じる