MENU
    »149日間無料で動画配信サービス観る

    【バタフリー育成論】ねむりごな最強の催眠厨!/対策と弱点も解説

    【バタフリー育成論】ねむりごな最強の催眠厨!/対策と弱点も解説
    • URLをコピーしました!

     

    ポケモット
    こんにちは!ポケモット(@z_pokemottoo)です 僕はポケモン金銀の頃からずっとやっていて、もうポケモン歴20年以上のポケモントレーナーです(^^)

     

    今回は、催眠最強のバタフリーについて解説していきます。

    バタフリーはアニメポケモンでサトシが最初に捕まえた野生のポケモンとして有名です。

    ばいばいバタフリー懐かしくて泣ける…(T ^ T)

     

    実際の対戦では今回紹介する「ふくがん×ねむりごな×みがわり」の害悪戦術がバタフリーが使用される主な型です。

    バタフリーよりも素早さの遅いポケモンを「ねむりごな」で完封するので、ハマると非常に強いです!

    パーティをしっかり組むと、はっきり言って、友達を無くしてしまうくらい強いポケモンなので、取り扱いにはご注意ください。笑

     

    先に具体的な「調整」だけ知りたい人は、目次のリンクから飛んでください。記事後半では、バタフリーを逆に相手に使われた時の対策と弱点についても解説しています。

     

    目次

    バタフリーの基本情報

    タイプ:むし/ひこう

    種族値

    HP (H):60 特攻(C):90
    攻撃(A):45 特防(D):80
    防御(B):50 素早(S):70
    特性

    ふくがん
    命中率が1.3倍になる。

    いろめがね(夢特性)
    自分の技のタイプ相性が『こうかは いまひとつのようだ』の場合、1/2倍の時は通常に、1/4倍の時は1/2倍になる。

     

    種族値だけ見ると、ストーリー序盤で捕まえることが可能なポケモンらしく、低めの種族値をしています。

    お世辞にも強力なポケモンには見えないかもしれません。

    しかし、バタフリーの真価は「特性ふくがん×ねむりごな」

    「ねむりごな」が97.5%の超高確率で命中するので、ゲンガー以上の催眠害悪ポケモンと言えます!

    バタフリーだけでもある程度戦えますし、周りのポケモンでサポートしてあげたら、さらに凶悪な害悪ポケモンになり得ます!

     

    バタフリーの今回の調整、技構成

    バタフリー

    特性:ふくがん

    性格:おくびょう(素早さ↑攻撃↓)

    持ち物:たべのこし

    技構成

    ・ぼうふう
    ・ねむりごな
    ・みがわり
    ・ちょうのまい

    ※個体値については補足説明が書いてない限り、個体値最高として扱います。

     

    努力値振り

    H(204)/B(54)/S(252)

    実数値(ステータス)

    HP (H):161 特攻(C):110
    攻撃(A):XX 特防(D):100
    防御(B):77 素早(S):134

     

    調整意図(バタフリー育成論)

    バタフリー

    (S↑)HBS型

    • H=HPを「16n+1」にするために「実数値161」に調整。
    • B=余った努力値分を振る。好みによってCに余りを振っても良い。
    • S=可能な限りバタフリーが先に行動したいため、最速必須。上から「ねむりごな」を打てるのは非常に強力!

    (※バタフリーのSを最速にすることで、ギャラドスなど準速81族をちょうど抜ける様になる。

     

    HPを「16n+1」にする事で、「たべのこし」の回復4回で、「みがわり」1回分のHP回復を回復します。

    「みがわり」を1回でも多く貼ることができることは非常に大切なので、HPの「16n+1」は必須。

    https://pokemottoo.com/tairyoku-tyousei/

     

    バタフリーの「ねむりごな」の良さ

    バタフリーの特性「ふくがん」によって命中率が1.3倍になります。

    なので、「ねむりごな」の命中率は特性の補正含めて、97.5%の超高確率で命中する、最恐最低の催眠害悪ポケモンになります。

    はっきり言って、バタフリーよりも素早さの遅いポケモンはバタフリーに基本的に勝てません。

    …自分が使うのは楽しいけれど、相手に使われるとイライラする害悪モンスターです。笑

    フレンド対戦で使用する際は、友達に嫌われる可能性も多いにあるのでご注意ください。笑

     

    ※命中不安定の「ぼうふう」も命中率が大幅に上がることもメリット!

     

    今回のバタフリーの立ち回り・役割

    カビゴン カバルドン

    バタフリーで「ねむりごな」を使い、相手が眠っている間に「みがわり」「ちょうのまい」を積み、「ぼうふう」で止めを刺す。

    終わりです。笑

    やることは非常にシンプルかつ、えげつない仕様です。

     

    バタフリーよりも素早さの遅いポケモンに対して、「ねむりごな」で封殺するのが役割です。

    特定のポケモンに対しての役割というよりも、バタフリーよりも素早さの遅いポケモンは全てバタフリーで見ることが可能です。

     

    そのため、

    1. 「おいかぜ」「バトンタッチ」でバタフリーの素早さを上げること
    2. 「がんせきふうじ」「ネバネバネット」で相手の素早さを下げること
    3. 「リフレクター」「ひかりのかべ」で耐久力を上げた後に、バタフリーの「ちょうのまい」で自身の素早さを上げること

    などによって、バタフリーが動きやすくすることが大切になってきます。

    バタフリー単体では自身より素早さの早いポケモンに対して非劣勢になってしまうため、パーティ単位でバタフリーをサポートしてあげましょう。

     

    ダメージ計算(バタフリーが攻撃)

    ※(↑)は性格補正を。252は努力値を表している。

    【ぼうふう】

    ■ニンフィア:H252
    (22.7%~27.2%)確定4発
    ナットレイ:H252
    (28.1%~33.7%)乱数3発
    ■ゴリランダー:耐久無振り
    (86.8%~104%)乱数1発
    ■カバルドン:H252

    (34.8%~40.9%)確定3発
    ■カビゴン:H252
    (19.4%~23.5%)確定5発

     

    ダメージ計算(バタフリーが相手からの攻撃を受ける)

    ※(↑)は性格補正を。252は努力値を表している。

    ナットレイ:(A↑)A252
     ジャイロボール(109.9%~129.1%)確定1発
    ドサイドン:(A↑)A252
     (198.7%~596.2%)確定1発
    ■ニンフィア:(C↑)C252
     マジカルフレイム(63.3%~74.5%)確定2発
    ■トゲキッス:C252
     エアスラッシュ(90.6%~108%)乱数1発
    ■ドラパルト:C252
     だいもんじ(78.2%~93.1%)確定2発
    ドリュウズ:A252
     いわなだれ(171.4%~203.7%)確定1発
    ■サザンドラ:(C↑)C252
     だいもんじ(99.3%~118%)乱数1発
    ■ミミッキュ:A252
     じゃれつく(58.3%~69.5%)確定2

     

    相手にバタフリーを使用された際の対策(弱点解説)

    ナットレイ ドサイドン

    ダメージ計算の該当欄に    を引いているので参考にしてみてください。

    一般的な型で、相手に使われた場合の対策、弱点解説です。

    相手にバタフリーを使われた時の対策としては、以下のことで対処可能です。

    • 「ねむりごな」を無効にする草タイプで相手をする
    • バタフリーの「みがわり」を貫通できる連続技で貫く

     

    ナットレイ

    草タイプは「ねむりごな」が効きませんが、バタフリーには「ぼうふう」があるため弱点を突かれてしまいます。

    しかし、ナットレイであれば、「ねむりごな」も無効にできた上に「ぼうふう」にも耐性があります。

    そして、ナットレイの「ジャイロボール」でバタフリーを確定1発で倒すことができるので、バタフリー対策に最適です。

    (※汎用性は低いですが、ヌメルゴンも「ねむりごな」が効かないためバタフリー対策の候補になるでしょう。)

     

    ドサイドンパルシェン

    また連続技を覚えさせているポケモンなら仮に「ねむりごな」で眠らされた後に「みがわり」を使用されても、関係ありません。

    「ロックブラスト」でバタフリーの「みがわり」ごと貫通することが可能です!

    ドサイドンやパルシェンが起きたタイミングで、バタフリーを倒してしまいましょう!

     

    ドラパルト ドリュウズ

    また元々バタフリーよりも素早いポケモンで、バタフリーの弱点を突いて突破することも多いにありです。

    岩タイプや炎タイプの攻撃は多くのポケモンが覚えているので、それらで突破してしまいましょう!

     

    今回のバタフリーと同じパーティに入れると相性の良いポケモン

    ツボツボ(ネバネバネット)

    ツボツボ

    ネバネバネットを撒くことで、相手の後続のポケモンの素早さを下げることができます。(地面に着いているポケモン)

    またツボツボが最初に対面したポケモンにも「がんせきふうじ」で相手の素早さを下げることが可能です。

    https://pokemottoo.com/poke-tubotubo/

     

    エルフーン(おいかぜ)

    ツボツボの時とは逆に、「おいかぜ」によって、こちらの素早さを上げることでバタフリーをサポートします。

    エルフーンは単体でも強いので腐りにくく、バタフリーの相棒に最も適していると考えています。

    「おいかぜ」をした後は「おきみやげ」で自主退場しつつ、相手の攻撃、特攻を2段階下げることが可能なので、バタフリーが最大限自由に動き回ることが可能になります!

     

    オーロンゲ(リフレクターなど)

    オーロンゲ

    「ひかりのかべ」「リフレクター」の両壁を貼ることで、後から出すバタフリーをサポートします。

    オーロンゲに持ち物を「ひかりのねんど」を持たせることで両壁のターンを伸ばすことができます。

    ツボツボやエルフーンとの差別化ポイントは「ひかりのかべ」「リフレクター」を長く貼ることによる、耐久力の底上げでしょう。

    オーロンゲ育成論はこちら

     

    バタフリーの考察・まとめ

    【バタフリー育成論】ねむりごな最強の催眠厨!/対策と弱点も解説

    育成論と、相手に使われた際の対策方法(弱点)をお話ししました。

    バタフリーを活躍させる様にパーティを組むと、本当にエゲツないことになるので取り扱いには細心のご注意を。

    友達を無くすかもしれません(笑)

     

    個人的にはエルフーンとバタフリーを組ませると、バタフリーが最大限活躍することができると考えています!

    自分が使うのは楽しいけれど相手に使われたら発狂しそうになる程、むかつきます!笑

     

    また相手のパーティにナットレイやドサイドンがいた場合はバタフリーの選出は辞めましょう。

    それ以外の本来はバタフリーが苦手とするポケモンに対しては、エルフーンなどのこちらのサポート次第でバタフリーを通せる可能性があります!

     

    この「害悪催眠型バタフリー」を是非 育成してみてください ^ ^

    それではまた。

    「全ポケモン」育成論一覧はこちら

    「ひこうタイプ」育成論一覧はこちら

    「むしタイプ」育成論一覧はこちら

    「バタフリー」育成論一覧はこちら

     

    ニメ/映画は「U-NEXT」で 31日間無料で見放題!
    • 210,000本以上の動画やアニメが見放題(日本最大級!)
    • 毎月貰える無料ポイント使うことで、毎月「新巻マンガも」2〜3冊無料で読める
    • 31日間の無料体験ができる
    無料体験の特典はいつ終わるか分からないので、この機会に試してみてくださいね(^^)    
      ≫無料体験期間後も、「ずっと無料」で使い続ける裏技(U-NEXTなど動画配信サービス)
    【バタフリー育成論】ねむりごな最強の催眠厨!/対策と弱点も解説

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    • URLをコピーしました!
    目次
    閉じる