MENU
    »149日間無料で動画配信サービス観る

    【技の優先度】先攻技を制するものが対戦を制す!技の優先度一覧も【ポケモン育成論】

    【ポケモン育成論】技の優先度とは。先制技を制するものが対戦を制す!技の優先度一覧も
    • URLをコピーしました!

     

    ポケモット
    こんにちは!ポケモット(@z_pokemottoo)です 僕はポケモン金銀の頃からずっとやっていて、もうポケモン歴20年以上のポケモントレーナーです(^^)

     

    今回は「技の優先度」について解説していきます。

    「でんこうせっか」は先に行動できたり、「トリックルーム」は後攻になるといったことですね。

     

    「技の優先度」をうまく使いこなすと、ポケモンバトルに勝ちやすくなったり、対戦中の選択に戦略に幅を持たせることができて非常に楽しくなります。

     

    まだ優先度についてよくわかっていない人や、対戦時にお互い同じポケモンが同じ技を選択した場合どうなるのか知りたい人に読んで欲しいです。

    記事後半では技の優先度一覧表も載せています。

     

    目次

    技の優先度について

    ポケモンの技には「優先度」という概念があります。

    通常、ポケモンの行動する順番はお互いのポケモンの「素早さが速い方」が先に行動します。

    しかし、優先度が高い技を選択した場合は、「素早さは関係なく」「技の優先度が高い順」で行動します。

     

    具体例を出すと、「でんこうせっか:優先度+1」。「10万ボルト:優先度0」では、「でんこうせっか」を選んだ方が先に行動できます。この場合、ポケモンの素早さは関係ありません。

     

    技の比較

    お互いに「10万ボルト」を選択したら素早さの速い方が先に行動する。(優先度が同じ技をお互いが選択した場合、素早さの速い方が先制で行動する)

     

    自身が「こおりのつぶて」、相手が「10万ボルト」を選択場合、技の優先度が高い自身の「こおりのつぶて」が先に行動する。

    ※「こおりのつぶて」は「優先度+1」の技

     

    自身が「こおりのつぶて」相手が「でんこうせっか」を選択した場合、どちらも「優先度+1」の技のため、素早さが速い方が先に行動をする。

    ※「こおりのつぶて」「でんこうせっか」はどちらも「優先度+1」の技。

     

    ポケモンでは素早さが非常に大切

    カゴの実、カビゴン、ねむる

    ポケモンのゲームでは素早さが非常に大切な要素になってきます。

     

    素早さの速い方が先に行動することができるので、素早さの速いポケモンであれば先行で行動し、相手のポケモンを無償で突破することも可能な場合もあるからです。

    また、先行で行動して「ひかりのかべ」「リフレクター」を貼ることができれば、相手から受けるダメージを抑えることができます。

    このようにポケモンのゲームでは素早さが非常に大切になってきます。

     

    優先度の高い先制技を制する者は試合を制す

    素早さ関係を無視して先に行動できる「優先度の高い技」は対戦において必ず使う機会があります。

    • 相手のHPが残り1だ!
    • 少しでもダメージを与えて、相手の「きあいのタスキ」の可能性を潰したい。
    • 倒される前に後続のために、少しでも相手のポケモンにダメージを与えておきたい

     

    などなど、必ず使う機会。使いたい機会が出てきます。

    どんなに素早さが早くても、優先度の壁は超えることができません。

    ポケモンのゲームでは一手の差で勝敗が決まるので、必ず優先度の高い技は検討・考慮しましょう。

     

    技の優先度一覧表まとめ

    たくさんある様に見えますが、基本は赤字だけ覚えていただけたら大丈夫です。

    対戦では多くの先制技よりも、「しんそく」「ねこだまし」などの方が先に動かれてしまうということだけでも理解してもらえると対戦で活きてきます。

     

    +5 てだすけ
    +4 キングシールド/まもる/みきり/こらえる/トーチカ/ニードルガード/マジックコート/よこどり
    +3 ねこだまし/スポットライト/トリックガード/ファストガード/ワイドガード
    +2 しんそくであいがしらフェイント/いかりのこな/このゆびとまれ/サイドチェンジ/
    +1 アクアジェットアクセルロックかげうちしんくうはでんこうせっかバレットパンチふいうちマッハパンチみずしゅりけんこおりのつぶて/がまん/つぶらなひとみ/プラズマシャワー/ふんじん
    0 上下の技「以外」
    −1 あてみなげ
    −2 なし
    −3 きあいパンチ/くちばしキャノン/トラップシェル
    −4 ゆきなだれ/リベンジ
    −5 カウンター/ミラーコート
    −6 ドラゴンテール/ともえなげ/ふきとばし/ほえる
    −7 トリックルーム

     

    特性が「いたずらごころ」「はやてのつばさ」の発動時には「技の優先度+1」されます。

     

    ポケモン対戦において優先度は切っても切れない要素になっています。

    少し量が多かったかもしれませんが、大切なことは、

    • ポケモンは素早が速い方が先に行動する
    • 優先度の高い技を選択した方が先に行動する

     

    いくら素早さの速いポケモンでも、優先度が低い技を選択していたら、相手が優先度を高い技を選んでいた場合に相手に先に行動されてしまいます。

     

    この二つだけでも覚えてもらえたら十分です。

    それではまた。

     

    ニメ/映画は「U-NEXT」で 31日間無料で見放題!
    • 210,000本以上の動画やアニメが見放題(日本最大級!)
    • 毎月貰える無料ポイント使うことで、毎月「新巻マンガも」2〜3冊無料で読める
    • 31日間の無料体験ができる
    無料体験の特典はいつ終わるか分からないので、この機会に試してみてくださいね(^^)    
      ≫無料体験期間後も、「ずっと無料」で使い続ける裏技(U-NEXTなど動画配信サービス)
    【ポケモン育成論】技の優先度とは。先制技を制するものが対戦を制す!技の優先度一覧も

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    • URLをコピーしました!
    目次
    閉じる